海を走る氷の馬

この世の楽しそうなこと全て体験しないと気が済まない

3月9日

テレビからレミオロメンの3月9日が流れてきてハッとした。一年前の今日は胚移植をした日だ!

私達の不妊治療は体外受精(顕微授精)で、卵子を体外に取り出して受精・培養して凍結し、子宮の状態が良くなったら解凍して移植するというもの。去年の夏に採卵したものの、1回目の移植失敗の後に卵巣嚢腫で入院したから、採卵してから7ヶ月が経っていた。手術後の初めての移植だったし、私も夫もまさか妊娠するとは思ってもみなかった。それにしても1年前まで冷凍されていた細胞が今日はワンワン泣く赤ちゃんになっているなんて不思議すぎませんか?不思議だ。

くりかえし不妊治療の話をブログなりTwitterに載せてきたのは、振り返ってみると誰かに認めて欲しかったからだと思う。医学の進歩で今までなら助からなかった命が生き永らえるなら、今までなら生まれるはずのない命が生まれてきてもいいはずだ。そう思いながら不妊治療を行ってきたけど、やはり体外受精ともなると神の領域に足を踏み入れている気がして、僅かな後ろめたさのようなものがどこか消えないでいた。やりたくてやっていることなのに自信がない、本当にやっていいことなのか分からない。そんな思いを見ないようにしながら当然のように不妊を公言することで、後ろめたく思ってることを悟られないようにしたかった。不妊治療って別に隠すことじゃないって思って欲しかった。平気な顔で振る舞うことが何より自分への励ましだったから。

 

「友達に不妊治療していることを打ち明けられてなんと言ったらいいか分かりませんでした」という相談のDMをもらったことがある。その答えはきっと、ただ認めてあげればいいんだと思う。「普通」に妊娠できない自分への落胆、高度治療への不安、お金の算段、通院と仕事の両立、たくさんの悩みがあふれた結果受け止めてくれそうな友達に話した、ということだと思うので。ただ聞いてくれるだけでいい。「不妊治療やめたら妊娠したって話聞くよね」みたいなことだけはどうか言わないで。それだけは傷付くから。そういう例が世にたくさんあるのは知っているけど、外科的処置をしている身としては、不妊治療をやめるイコール赤ちゃんを諦めるということだったから、実際友達にこう言われた時は言葉に詰まってしまった。もちろん体外受精までステップアップして何回もやって諦めてから自然妊娠する人だっているということも知っている。知っているけど、けどっていう話。

 

赤ちゃんを愛おしく思う感情はベースにありながら、「子供を産み育てるなんてとんでもないことをしてしまったな」という思いも日夜去来する。この子にもしものことがあったらどうしようと夢にも見る。「誰が産んでくれって頼んだよ」なんて言われる日も来るのかな。お母さんはあなたに会いたくて、頼んで頼んでやっとうちに来てもらったんだよ。愉快に暮らそうね。

f:id:Hinatic:20200309160833j:plain

赤ちゃんが寝てる間にアイス食べた

あの頃日能研が全てだった

2月1日が来ると毎年中学受験を思い出す。

私が小3の時、歩いていける距離に日能研の新しい校舎が出来た。週に一度か二度の国算の授業から始まって、小6の頃には平日毎日通っていたけど一度も嫌だと思った事がなかった。小学生にとっては「同じ小学校以外の友達がいる」という環境自体が新鮮だったし、そこには好きな男の子もいたし、国語の先生は星新一とか宮部みゆきの本を貸してくれるし、お弁当の時間にたまにマクドナルドを食べることもできた。(注文しとけば休憩時間に合わせて近所のマクドナルドがデリバリーしてくれるという夢のようなシステムだった)

何より私の選民意識は酷かった。中学受験をする自分のことを偉いと思っていて、塾で習った知識を学校でしつこくひけらかして先生に注意されたこともある。今思い返すとなんて生意気な子供だったんだろうと頭を抱えたくなる。

自分のことをすごく大人だと思っていた。その辺の子よりたくさん知識があって、自分で考えることができる一歩進んだ存在。そんな意識をひっくり返されるような出来事は、全ての受験が終わってみんなの進路が決まり、もう日能研に通うのもあと僅かという日に思いがけず訪れた。

まだ出来て間もない校舎だったからか、どこも一律でやるのか、日能研生活についてのアンケートを書かされる時間があった。よくある五段階評価に丸をつけるタイプのものだ。教室で静かに回答していると、この校舎の責任者である室長が入ってきてこんなことを言った。「いやぁ、みんなには一流の先生を用意してあげたかったんだけどね、社会だけはね。社会だけはなぁ〜一流の先生じゃなくて申し訳なかったよ、他の先生は一流の人が集まったんだけどね、社会だけはね」

今でも記憶に残っている、繰り返される「一流」というワード。その異様な雰囲気に気押されて、私は「とても良かった」に丸を付けようとしていた社会の先生の評価を下げてしまった。室長がそんなふうに言うから、私には分かってなかっただけで実は良い先生じゃなかったのかも、と思ってしまったから。確かに変わった先生ではあった。「皆さんのように中学受験をするようなご家庭のお米はコシヒカリでしょうがうちみたいな貧乏な家ではもっぱらパールライスですよ」というのが口癖で、私は自分が食べているお米がなにかも知らない子供の癖にその自虐を笑っていた。のちに家でもパールライスを食べていることを知った時はショックと恥ずかしさが同時に訪れて土に埋まりたくなったこともよく覚えている。でも授業は面白くてプリントもいつも凝ってたし、どう考えても「一流じゃない」なんて言われる筋合いはなかったはずだ。それなのに、私は「とても良かった」に丸ができなかった。だって室長があんなこと言うから。受験の日の朝、私が受ける学校の前で待ってて励ましてくれた室長がそんなこと言うから。まだ他の子も来るはずなのに「お前見たことないくらい顔が白いぞ」と言って校門ギリギリまで付いてきてくれた室長のことが、私は大好きだった。

教室を出て同じ方角に帰る友達と、どちらからともなく「さっきのアンケートさ…」と確かめ合ったら、やはりその子もおかしいなと思いながらも社会の先生の評価を下げてしまっていた。どうして自分の判断に自信を持って「とても良かった」にしなかったんだろう?室長にあんなこと言われるまでは、ちゃんとどの先生も大好きで良い授業だったと思っていたはずなのに。この瞬間、「自分は子供だ」という事実を猛烈に突き付けられた気がした。どんなに良い気になっても、所詮小学6年生だったのだ。信頼する大人の意見には簡単に惑わされてしまう子供だったのだ。生意気でこまっしゃくれたガキだったと思う自分でさえ、大人の顔色を伺い大人に気に入られる行動を取りたがっていた。2月1日がくるたびに、子供にとって身近な大人の意見や態度がどんなに大きい意味を持つのかを思い出す。子供が産まれた今は尚更しっかりしなきゃ、と思う。子供は怖いくらい簡単に染まってしまう。

あの時の室長は何歳くらいだったのかな。せいぜい35くらいだったかな。簡単に自分の思い通りに子供たちを操作できてしまってどう思ったろう。ちょっと聞いてみたい気もする。


余談だけど、中学に入ってからもごくたまに帰り道に日能研に寄って先生たちの顔だけ見て帰ったりしていた。ある時ものすごく久しぶりに立ち寄ったら、事務のS先生だけが受付にいた。S先生は茶髪のロングヘアの女性で、この校舎に最初からいて私のこともよく覚えていてくれた。室長は?と聞くとその時には違う校舎に異動になっていた。なーんだ、と思っていたら、そのS先生が「今は私が室長なんだよ」と教えてくれて私は心底びっくりした。女の人でも室長になれるんだ!それまで私の知っている偉い大人は全員男の人だった。女の人でも室長になれる、そのことを知ってすごくポカポカした気持ちで家に帰ったことをよく覚えている。私にとって女と仕事について考えるはじめての出来事だった。

あの時のS先生のふふん、といたずらっぽく笑った顔を今でもはっきりと思い出せる。やっぱり、あの頃は日能研が全てだった。

f:id:Hinatic:20200201233748j:plain

帝王切開の持ち物と前日・当日の過ごし方

私は予定帝王切開で出産したのですが、準備してよかったこと・やっておけばよかったことなどまとめましたのでこの記事を小瓶に入れて海へ流します。「入院なんて人生初でどうすればいいかわからん~」って人に届け〜〜〜

持ち物

具体的になにを持ってくるかは産院から指示があると思うので、持ち物の選び方について。

S字フック+ポーチや袋など

術後は翌日の午前中くらいまで安静なので、必要なものを寝たまま全部取れるようにしておいたほうがいいです。(もう寝るからメガネを置きたい)くらいでナースコール押せないしね。私は雑誌の付録のミニバッグみたいなやつをS字フックでベッドサイドに引っ掛けて、メガネ(ケース)・濡れマスク・リップクリーム・携帯・お水などを入れておきました。そのほかにもビニール袋を引っ掛けてゴミ箱にしといたりも便利なので、S字フックはいくつかあるといいと思います。百均にあるし。

・スリッパ

しっかり赤ちゃんを抱っこするために、安いふにゃふにゃスリッパではなくスタスタ歩けるサンダルみたいなものがオススメです。私は無印良品のぞうりみたいなやつを持って行きましたが、院内でビルケンのサンダルを履いてる人を見てかしこい!と思いました。とにかくサッと履ける慣れているものを考えておく。

・産褥ショーツ

手術直後は病院で用意したものを履かせてもらうかもしれないので確認してください。私は術後しばらくは病院が用意してくれたものを履いていて、シャワー許可が出てから自前のショーツに履き替えましたが、用意していたショーツはサイドのマジックテープが擦れて痛かったので、普通のマタニティショーツで充分だったなと思いました。結局ほとんど履かなくて無駄でした。

・ペットボトル用ストローキャップ

これはもう現代の出産アイテムとして定番ですよね。百均にあるので必須!

・メディキュット

術前からしばらく血栓予防のため弾圧ストッキングを履きますが、術後のむくみがすごいので慣れた着圧ソックスがあれば持っていくのがオススメ。

・メガネ

これは私だけかもしれないけど、メガネの調整をちゃんとしとくべきでした。私メガネが嫌いで起きてる時間ほぼコンタクトなんですけど、産後は寝れる時に寝なきゃいけないのでほぼメガネ生活。なのにぜんぜんかけやすくないメガネな上に鼻当てがゆがんだままだったのでストレスでした。ちゃんと合うメガネにしておこう。

・延長コード

携帯の充電は命。電動ベッドで上半身を起こすような時に意外とコードの長さが必要なので、これもS字フックに一緒に引っ掛けていました。

 

前日・当日の過ごし方について

 

こうしといた方がよかったよ!というオススメは3点。

 

(1)前日にベッド周り整えてお菓子とか食べとく

S字フックのとこで書いたように手元に絶対必要なものを考えて揃えておくこと。手術室に移動するときはベッドの枠に引っ掛けてるものは外していくかもしれないので、自分の病室に帰ってきたあと家族にセッティングしてもらいましょう。そして絶食に備えて気のすむまでお菓子などを食べる。もういいじゃない前日だもの。

(2)寝るときはマスクをする

病院はとても乾燥します。そのまま寝たら絶対喉ガラガラになるので、喉ぬーるマスクみたいな濡れマスクをして寝るのがオススメ。

(3)手術前にしっかり歯磨きしとく

これ!やっておけばよかったなーという後悔です。丸一日以上歯磨きができないので、直前にしっかり歯磨きやモンダミンをしておくべきでした。口の中が気持ち悪かった……

 

逆にいらなかったのは防寒具。去年手術で同じ病院に入院したときはとにかく寒かったのでもこもこアイテムを重宝したのですが、産科病棟は新生児に合わせて暖房が入っているのでパジャマだけで十分でした。まぁこれは個人差あるかな……。私はなぜか足からめちゃくちゃ臭い汗が出るという謎の現象も起こりました。(「産後 足 臭すぎる」で検索した)

 

産まれてから3回も黄疸の光線治療をした娘は3ヶ月を前にやっと黄色さが抜けてきました。白目もやっと白くなったよ。黄ばんでて怖かったんだ……。せっかく帝王切開で頭の形がきれいなのに右ばっかり向いて寝る癖があって、頭が歪まないか心配です。

f:id:Hinatic:20200128172941j:image

 

ちなみに病院では必要ありませんが、今回も傷跡の保護はアトファインにしました。シリコンテープは使わなかった。

ニチバン アトファイン Lサイズ 6枚入り

ニチバン アトファイン Lサイズ 6枚入り

  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 

出産の記憶

出産の思い出を記録しようと入院中に書いた日記に手を入れようと思ったけど、長すぎるしどう構成したもんか分からなかったのでそのままここに残しておきます。お暇なときに読んでね……

 

とうとう逆子が治らなかったので38週で帝王切開で出産することになった。検診であさって手術する?って軽く聞かれたけど心の準備ができなかったので翌週にしてもらった。そんな急に〜って思ったけど、自然分娩だったら急に陣痛来るんだよな、慌ててもしょうがないよな、と思い直す。

手術前日に入院し、主治医や執刀医、麻酔科医から代わる代わる手術の説明を受ける。私は去年開腹手術を受けていて、その時の腸の癒着がひどかったため今回は腹膜外帝王切開というすこしマイナーな術式で出産することになった。普通は腸や肝臓、子宮などの臓器を包んでいる腹膜というものを切って子宮を開けるんだけど、腹膜には触らず子宮が腹膜から出ている一部分を切るというもの。その部位にアプローチするには膀胱をはがしてどける(!?)必要があるので膀胱を傷付けるリスクはあるものの、腹膜はいじらないので腸にこれ以上の癒着を起こすことは避けられる。

オペ室の看護師さんも説明に来てくれたんだけど、どう見てもお腹が大っきくて聞いてみたら「来月から産休です〜」と言われてたまげた。絶対しんどいのに本当にありがとうございます。「手術の間音楽かけられますけどリクエストあります?」って聞かれてそんなんあるんだ!?ってビックリした。なんか気恥ずかしくてハロプロを流して欲しいとは言えず、なんでもいいです……とボソボソ答えた。

産後は余裕ないだろうしWi-Fiを契約しなかったので、手術前夜はヒマだった。お題箱を募集したらけっこうたくさんの人が質問を送ってくれたおかげで時間がつぶせて助かった。


夜中小さいけど地震あって怖かった。何度も目が覚めてしまい6時過ぎに起床。7時ごろ看護師さんが来て、オペ着に着替える。採血と点滴のルートを取ろうとするが失敗。いつも血管が見つからなくて一発で点滴してもらえた試しがない。8時過ぎに別の人が来て無事ルート確保、点滴が始まる。でもシーツに血が染みたので取り替えてくれた。

そうこうしてるうちに、ロンドンのお姉ちゃんも出産したと一報が!お姉ちゃんとは3週間違いの予定日でほぼ同時に妊娠していたんだけど、私は早まりお姉ちゃんはなかなか産まれず時差もあって1日違いの誕生日になった。惜しかったな〜!

9時に内診室で内診&エコー。内診室の前で待っていたら、前回の入院の主治医だった先生が通り掛かり、顔を覗き込んで「今日ですね」と言ってくれた。覚えててくれたんだ〜!と感動。

朝ごはん食べてないってだけなのに「絶飲食」という言葉が効いてめっちゃおなかすく!!!のどかわいた!!!

11時半頃父到着。13時からの予定が30分繰り上がり、ごはんを食べていた夫と義母さんも急いで到着。着いてすぐ呼ばれたので慌ただしくオペ室へ移動した。


丸まって背中に麻酔を打ってもらうんだけど、局所麻酔だけでも痛いしめっちゃ時間かかる!!なにこれしんど!前回は先に全身麻酔してたから知らなかったんだ……。前回の手術とどっちがたいへんかなーとか呑気に思ってたさっきまでの自分をぶん殴りたい。硬膜外麻酔がなんとか終わり、くも膜下麻酔の時に右足がビリッとしびれて怖かった……。

手術が始まっても息苦しくて軽くパニックだったかもしれない。気持ち悪い。うまく息ができない。痛みはないけど内臓を触られてるってすごく変な感じ、こわい。焦げ臭いにおいがする。お腹はもう開いていて、子宮をどこから切るかというのを先生たちが念入りに話し合っている。右側は完全に感覚がないけど、左はなんか触られてるのとかすごくよくわかって怖い。

なんか途中寝たのか意識飛んだような気もするんだけど、気付いたら息がしやすくなってた。麻酔がよく効いたのかな?看護師さんも何度も大丈夫かと話しかけてくれる。そういえば音楽なんもかかってないな。


いよいよ切るぞ、というムードになった。そこからはめちゃくちゃ早くて、「お尻出ました」「もうあと頭だけです」の声かけの後、内臓がすごい引っ張られる感じがして「ホニャ、ホギャア」って産声がした!思わず涙が溢れる。一気にオペ室のムードも緩和した感じがした。「大きい」「大きい!」「ずっしりしてる」という先生たちの声も聞こえる。看護師さんが涙を拭いてくれた。「右側できれいにしますねー」の声とともにぽてちが移動してる気配(まだ見えない)。ぽてちというのはお腹の赤ちゃんにつけてたあだ名です。私の血とぽてちの羊水を吸うバキュームの音がする。しばらくすると看護師さんがぽてちを連れてカンガルーケアにやってきた。胸の上に乗せてもらう。柔らかい!!「よ……よく来たね〜〜〜」と夏休みに孫が遊びにきたおばあちゃんになってしまった。がんばったなぁぽてち。でも近すぎて耳しか見えない。黄色いお帽子をかぶせてもらっている。まだらに胎脂がついてるけど思ったよりきれいだ、よくふいてもらったんだね。少しもそもそはしてるけどほとんど動かず、しばらく乗っけてもらったあと、ぽてちは先に病室に上がっていった。

ここからお腹を閉じ終わるまでが長かった。「ギリギリ腹膜外って言えるかな」「まぁ腸に触らないという目的は達成できましたから」みたいなことを先生が話してるのが聞こえる。難しかったんだ。麻酔が切れてきたのか、どんどん左側が痛くなってきた。グイッとお腹の皮を引っ張ってなにかされてる時にあ〜〜〜もう無理です〜〜〜ってなって硬膜外の麻酔の追加と、点滴からも麻酔を入れてもらったら大丈夫になった。ドレーン(術後の浸出液とかを排出する管)を入れてるとこだったらしい。とうとう手術室に音楽がかかることはなかった。


ベッドごとガラガラと病室に運ばれて、赤ちゃんに会える!と思ったらいなかった。アレ?と思ってたらなんか検査に連れてかれたよ〜と他の家族に迎えられた。そこから私はガッツリ発熱し、赤ちゃんは新生児室で預かられていたため朦朧として記憶がない。ほとんど気を失うように眠った。

f:id:Hinatic:20200118152954j:plain

出産しました

昨年11月に赤ちゃんが生まれました。あと1週間で2ヶ月になります。

 

出産直後はものすごいハイで万能感に包まれていたけど、赤ちゃんの黄疸発症を機に気持ちの糸が切れて大変でした。母乳は初めから出るもんではないと覚悟していたものの、思った以上に母乳育児は大変で赤ちゃんの体重が全然増えず、そのせいで黄疸が長引いて3回も入院させてしまったことでメンタルが崩壊して最初の1ヶ月半は地獄だった。Twitterで子持ちの友達が「産後はこの世の終わりみたいな気持ちになるけどホルモンのせいだから!」とアドバイスをくれていたので(ホルモンのせい!ホルモンのせい!!)と思いながら歯を食いしばっていたけど、夜中に泣きやまない子をあやしながら(子供を産むなんて私はとんでもないことをしてしまった……なんて取り返しのつかないことを……)と思いながら涙が止まらなかったりもした。辛い不妊治療に耐えて授かった念願の我が子のはずなのに、という思いもさらに涙を加速させた。

こと新生児に関しては「寝る子は育つ」は大間違いで、120~30g体重が増えるような時期にたった4gしか増えていなくて、この子は体力がなさすぎて省エネモードになっちゃって目も開けられない、と言われた時はあまりの申し訳なさに号泣してしまった。赤ちゃんはお腹が空いたら泣くもんだと思っていたのに、なんせ我が子が起きないんである。こんこんと眠り続けるところを3時間おきに必死に叩き起こして、無理くり哺乳瓶でミルクを流し込むような授乳は辛かった。そんで授乳終わったら今度は泣き喚いて眠らないし。自分でも驚くほど神経質になり、三日と開けず母乳外来に通って助産師さんに泣きついたり(ものすごい頻度で通いすぎてめっちゃ覚えられた)している間に、少しずつ赤ちゃんに体力がついてきて、ちゃんとおっぱいが飲めるようになってきた。おっぱいの形的にシリコンでできた乳頭保護器というものをつけないと飲めないんだけど、それでも直接吸わせる練習したあと搾乳した母乳をあげて足りない分はミルクも作って赤ちゃんが寝たら次回に向けて搾乳して哺乳瓶と搾乳機を洗って消毒して気付いたら次の授乳の時間、というような気の狂う時期を過ぎたおかげでやっと気持ちにも時間にも余裕ができてこうしてブログを書こうかという気になれました。なんか久しぶりに長い文章書いたら息継ぎがめっちゃ下手になってない?

 

卵巣嚢腫の手術の後、不妊治療を再開したのが2019年の2月。もう大丈夫ですよと言われたけどなんとなく自信がなくて1周期見送り、3月に移植した受精卵が運良く着床しました。移植後10日ほど結果を待っている間に義母さんと会う機会があったんだけど、治療の話をしていたらふと「あんまりしんどかったらやめてもええんよ」と言ってくれた。この一言がどれほど肩の荷を降ろしてくれたことか。もちろん自分たちが我が子に会いたくて選択してる治療だし、まだやめる気なんてなかったけど、長男の嫁としての謎の責任感?使命感?みたいなものを胸中に秘していたのは事実だったから。あー、やめてもいいんだー、って思ってたらその数日後に妊娠したことがわかったので、なんか言霊みたいなものってあるよなって思ってしまった。まさかこんな少ない回数のトライで妊娠できるとは私も夫も思ってもみなかったから、安定期に入ってもなんかずっとふわふわした頭だったけど、はっきり胎動が分かる頃には実感が湧いてやっと嬉しく思えてきたなぁ。

妊娠中もずーっとお腹の中の赤ちゃんが無事なのか不安だったけど、いざ生まれたら私は一生この子が怪我しないか病気しないか死んじゃわないか心配し続けるんだな、そういう人生を選んだんだな、と思った。

 

出産そのものの話も書きたかったけどタイムアップ。また書きます。

Twitterでお祝いしてくれたみんな、出産祝いまで送ってくれたみんな、本当にありがとうございました。赤ちゃん元気にしています。

f:id:Hinatic:20200105154907j:image

平成最後に美容院で大失敗した話

ここ何日かTwitterで大騒ぎしてたんだけど、先日美容院でとんでもなく大失敗しました。

 

まぁ自分に非がないとは言わないよ。行くの2回目の美容院でこの↓写真を一枚だけ見せて、「前髪は自然につなげてちょっと短めにしてください」って言ったんだよね。

f:id:Hinatic:20190428215849j:image

下ろして斜め前髪な感じですかねー?とか言われてハイそうですーっつって。この写真3年くらい前から何回も使ってるし、ショートカットって前髪より全体のシルエットが大事だから、いつも後ろをどうするかをメインに伝えてた自分も悪かったとは思う。

前髪切る段階になって、眉上くらいを指で挟んで「このへん?」って聞かれた時はまぁいいかなって思ったんだよね。そしたら一発目のハサミが入った瞬間前髪が3cmになってたの。へ?って切り落とされた10cmくらいの毛の束を見てるうちに、あっと言うまにパッツンデコ出しの三戸なつめさんの前髪になっていったんだよね。(え…え……え……???)と思ってるうちに多少梳かれて「サイドもアシンメトリーにしておきました」って言われて完成したのがこちら。

 

f:id:Hinatic:20190428215925j:image

アシンメトリーって私いつ頼んだ!?!?!?!????

「いつもの分け目より更に1:9っぽくこっち側にボリューム持ってきたらよりアシメっぽくなりますんで」って待って待って待って。なぜよりアシメっぽくするの???

 

し……思想の押し売り?????

 

アシメ…?アシメ?少年アシベ…???

 

 

人間ほんとうに困惑するとなにも言えなくなるんですね。「いかがですか〜」とか言われても短いもんはもうどうしようもないし、あまりにもショックを受けすぎて  無  のままお会計して出てきた。なんかもう1秒でも早くその美容院出たくて。そんな日に限って人と会う予定がある。えっっっっしのっかな!?!?

いや別にアシメショートが悪い訳じゃないんだ。でも顔でかくて二重あごの三十代に似合うスタイルではないのよー!!!おでこの面積がめちゃ広いせいで顔のデカさが否応なしに強調されてる。あとこの頭に似合う服がない。なんでチェックのネルシャツにリュックしょって来た客の頭アシンメトリーにしようと思った?イマジネーションの泉?あ〜〜〜GWはいろいろ友達と会う予定もあるしこざっぱりした頭で令和を迎えようと思ったのに〜〜〜こんなわけわからん頭で過ごすのか……つら……えってか友達はまだいいけど来週義両親とご飯行くのにどうしよ……

 

Twitterで泣いてたらサロンの受付やってた友達がすぐ連絡くれて、普通は店長とか上の人がやり直しだけどそのレベルなら返金に応じると思うよってアドバイスしてくれた。もう電話するのすら嫌だったけど直で店長を指名すればいいとも教えてもらって次の日電話した。

かなり悲しんでることを主張して「もうウィッグを買うからカット代返してくれ」って言ったらすぐ返してもらえることになった。一応返金してもらうときに店長さんから「切る前にどんなオーダーをしたのか」っていうのを確認されたけど、とにかくこちらはアシメのアの字も出してないので特に渋られたりせずカット代は返してもらえました。あ〜よかった……すんなり返してくれなかったらホットペッパービューティー荒らしまくってやろうと思ったけどしなくて済んだわ……。

 

そのカット代を握りしめてすぐさまウィッグ屋さんへ。店員さんがその場でサンプルを付けてくれるお店で色々試させてもらいました。前髪ウィッグって境目が目立ちそうだし、ウィッグ付けた上からターバンとか付けるんかな…と思っていたのに、ここの前髪ウィッグはめちゃくちゃ自然!自分の髪の毛をうまくかぶせてボカすことでかなりナチュラルな仕上がりになって感動のあまり泣きそうでした。ツヤとまとまりが良すぎてやや髪洗ってないオタク感出てるんだけど、前髪3cmより5億倍マシ。即座に購入しました。

f:id:Hinatic:20190428221334j:image

光源が近いとツヤがすごすぎてプラスチック感分かっちゃうんだけど、自然光の下ならほとんど髪の毛と変わらない感じで助かりました。3千円で救える命がある……。地獄にプリシラ!(ウィッグ屋さん)

↑これは前髪だけの形だけど、サイドの毛もあったりつむじまでカバーするタイプもあったり様々

 

引っ越すまで東京で通ってた美容院、美容師についていって店を変わりながら10年同じ人に切ってもらってたので、あーだこーだ言わなくても上手かったし頭の形とか分かってくれてたので私がオーダー下手になってたっていうのはあると思うけど、さすがにここまで失敗したのは初めてです……。大阪でまた美容院探しの旅が始まる。

 

f:id:Hinatic:20190428222102j:image

「総手植えウィッグ」らしい。植えてくれた人に超いいことが起きますように

開腹手術後の傷跡保護(腹帯・ガードル・テープ類)

手術から5ヶ月が経ち(はっや)すっかり日常生活に戻りました。

入院した時の話はこちら

 

www.hinatic.club

www.hinatic.club

www.hinatic.club

 

経過観察で退院後も何度か通院したんだけど、2月の検診で問題なく治っていることを確認してもらいめでたく終察となりました。傷が治る時硬くなるような感じで子宮が硬くなっていたのがちゃんと柔らかくなっているので、あとは元のクリニックに戻って不妊治療を続けてOKですよ、という段階に戻れたので引き続き不妊治療を受けています。

 

開腹手術後には、傷跡を保護するために腹帯や傷保護テープなどを使います。自分が使ってみたものの感想などをまとめてみたのでいつか誰かの役に立てば……とこの記事を小瓶に入れて海へ流します。

腹帯・ガードル編

・退院直後

入院中はガーゼが三層になったような腹帯を使っていましたが、看護師さんから自宅ではマジックテープタイプの腹帯が使いやすいと教えてもらったので適当にAmazonで購入しました。もう涼しい季節だったので、暑さを気にせず生地が厚そうなものを選んだ記憶があります。洗い替えにと2種類買ってみましたが、やや白十字の方が生地が柔らかくてずれにくかったです。でも大差ない。 

オオサキメディカル かんたん腹帯 Mサイズ

オオサキメディカル かんたん腹帯 Mサイズ

 
白十字 ワンタッチ腹帯 ホワイト M

白十字 ワンタッチ腹帯 ホワイト M

 

 

・退院1ヶ月後~2ヶ月後

腹帯はどうしても動くとずれるので、なんとなく傷が乾いて表面上はもうなんともなさそうだなと思ったタイミングで柔らかいガードルに移行しました。とはいえあまりきつく圧迫するガードルは良くありません。ガードルにもいろいろ種類があるので、ワコールで店員さんに状況を説明し、一緒にいろいろ考えてもらったところ「お腹だけをしっかりホールドしておしりなどのサポートはなし、裾は切りっぱなし」というのがちょうど良さそうという結論に達しました。私が買ったのはこれです。

store.wacoal.jp

お腹だけ伸びない生地を二重にしてあって、あとは全部ストレッチコットンなので負担が全然なかったです。へそのすぐ下から切っているので、股上が浅いガードルは怖かった。退院2ヶ月後くらいまではまじめに毎日履いてました。

 

傷跡保護テープ編

保護テープはいろいろなものを試しました。結論から言うと「ステリストリップとアトファインだけでよかったかも?」というかんじです。

 

f:id:Hinatic:20190323223204j:plain

初期に買ったもの

・ステリストリップ

術後一週間くらいは傷の上にビーッと防水テープが貼られてたんですが、創部確認でテープを剥がし、今度は傷跡に対して真横に短く切ったテープをたくさん貼る形に変わりました。退院後は「剥がれてきたり汚くなったテープだけ部分的に張り替える」と教わり、まずは「傷口の上に貼って良い」と明記されていたこちらを買いました。

なんかまだ傷口が生っぽかったので、このテープは粘着力が強すぎず安心して使えました。でもお高い。

 

・マイクロポアテープ

レビューを読んだら傷跡保護に使ってる人が多かったし安かったので試したけど、結構粘着力が強くてかぶれてしまったのと糊残りがあるのが気になって使用をやめてしまいました。もう一度上のステリストリップを買った。

 

・シリコンテープ

担当医からはシリコンテープを勧められていたので、その話題の時に名前が出たメーカーのものを買いました。分厚い透明なシリコンのパッドのようなもので、お風呂で剥がして洗ってつけかえ、をしばらく繰り返しました。2枚入りなので毎日交互に使う形。こちらはかぶれは出なかったのですが、繰り返し使う粘着面にヒフのかけらみたいなものが沢山ひっついて、潔癖症じゃない私でもけっこう嫌だった……。

術後半月から2ヶ月間くらい使って、まだ粘着力は残ってるけどなんか汚くてイヤッてなって別のものを試しました。

 

・アトファイン

最終的に落ち着いたのがこれ。 とても薄いフィルム状のシートで、粘着面もベタつく感じがない割に剥がれにくく、かぶれもなかったです。傷の長さ的にはLサイズですがシートの横幅が広いので半分に切って使っています。私は5日くらいで剥がれてきたなと思ったら貼り替えています。

 

全てに共通してることですが、シート類は毛にかかるところは剥がれてしまうのでできるだけ処理した方がいいです。私はかなり股間ギリギリまで切ってあるのでどうしても毛が生えてるとこがかぶれて困りました。。

傷の様子は、赤黒いミミズ腫れの状態で変化がありません。かなりしっかり盛り上がっているのですが、シートを貼ってる効果はもうなくなってきているのか…?とも思うので、もうすぐ半年経つし今使ってるアトファインが終わったらケアは終わりにしようかなと思っています。めちゃくちゃ目立ってるんだけどこれ以上個人の手に負えない感ある。というわけで私からのオススメはガードルとアトファインです。ファインな跡を目指そう!